グロービスへ。新しい仲間に刺激を受ける日々。

働きながら学ぶ人を紹介する「先輩インタビュー」
今回はグロービスの単科を受講した土屋 由里恵さんです。

もとはジェンダーの研究者を目指していた土屋さん。東京大学を卒業後、大学院へ進学し修士号を修めた後、freee株式会社へ就職。3年目にグロービス経営大学院のMBA単科生制度でクリティカルシンキングを学びました。3ヶ月という短い期間ながら大きな学びを得た土屋さん。単科生の魅力や今後のキャリアプランについてお話を伺いました。

土屋 由里恵さん

1989年生まれの33歳。小中高12年間を都内のカトリック女子校で過ごす。最も刺激的な環境を求め、紆余曲折を経て24歳で東京大学に入学。30歳で社会学の修士号を取得する。その後30歳新卒という経歴でfreee株式会社に入社。サクセスを経て現在は既存顧客向けチームで営業職に従事。座右の銘は大器晩成。趣味はB'zとゴルフ。

グロービス大学院単科コース:クリティカル・シンキング
入学年月日(年齢):2022年1月(32歳)
修了年月日(年齢):2022年3月(33歳)

「もっとロジカルに物事を考えたほうがいい」

————はじめに、これまでの経歴を教えてください。

2つの大学を中退した後、24歳で東大の学部1年生に入りまして、そのまま修士に進みました。その後、修士として新卒でfreee株式会社に入社し、いま4年目です。大学院ではジェンダー論を研究していて、そのまま博士課程に進もうかと思っていたんですが、30歳で進学すると博士号を取るのが40歳になる見込みだったので。なので、いったん社会人になって学費を稼いでから博士課程に行こうと思い、freeeに入ったんです。いつかは博士課程に戻ろうかなという考えは今でも頭の片隅にあります。




———— 紆余曲折あった中でfreeeを選んで働いているんですね。グロービスで学ぼうと思ったのは、ご自身のもともとの興味であったジェンダーとは全く別の理由で?

グロービスを知ったきっかけは、会社の身近な人たちがグロービスに通っていたので、名前だけは知っていました。でも、まさか自分が通うとは夢にも思っていなくて。半年くらい前、会社の1on1で先輩から「つっちーってすぐ結果に飛びつくよね、howから考える思考の癖がある」と指摘されたんです。もっとロジカルに物事を考えたほうがいいよ、クリティカルシンキングの本を読んだほうがいいよ、と。

最初はグロービスの本を読もうと思って買ったんですけど、必然性もリアルに感じられなかったし、誰からプレッシャーをかけられるわけでもないしで、積ん読状態になっていました。でも、仕事にも慣れてきたところで今後のキャリアを考えたときに、「やっぱり論理的な思考ができないと、チーム全体での思考ができないし、自分の能力もアップさせられないなぁ」と。なんとなくグロービスのサイトを覗いたら1月生を募集していて体験授業の募集があったので、タダだし良いかと思い、行ってみました。

 


————体験授業に行ってどうでしたか?なんとなくイメージが湧いたとか?

クリティカルシンキングの体験講座を申し込んだはずだったんですけど、あんまりよく見ずに登録しちゃったらしくて、実際に受けたのはマーケティング基礎だったんですよね(笑)。授業が始まってから、周りにマーケッターが多いなと思って、よくよく見たら間違えてたことに気づきました。ペプシのCMを見て、これはどういうターゲットに対して出しているのか?を考えるグループワークを体験しました。




————それはウケる。間違えちゃったものの、何か発見はあったりしましたか?

「あ、意外と自分はいろんな世代、業種の人と対等に話せるな」と実感しました。それまでは社会人大学というものに対して少し構えてたところがあったんですけど、思ってたより気軽に受けられるなと。freeeが意外と新卒の私をしっかり育ててくれてたんだなということにも気づきましたね(笑)。自分でも気づかないうちに、freeeでちゃんと揉まれていたんだなと。やっていけそうなら社会人力をもっと磨こうと思い、グロービスへの入学を決めました。「他の人には敵わない!」と感じていたら行かなかったと思いますが、ある程度年齢やキャリアが上の人にも太刀打ちできると思ったので、やってみようと思いました。



会社の外でも学ぶことで1年を2年分、3年分にできる

————グロービス以外は考えましたか?

まったく考えませんでした。ほかにもいろんな大学のMBAがありますけど、身近にグロービスに行った人が活躍していて、質が担保されているだろうなと思ったので、ほかは考えませんでしたね。単科という気軽さもありましたし。入学準備も、職務経歴書とグロービスで学びたいことを書くだけだったので、ハードルはめちゃくちゃ低かったですね。




————グロービスの単科は3ヶ月単位でしたっけ?

はい、1講座3ヶ月と決まっています。1月に受けたクリティカルシンキングの応用編として、7月から“ファシリテーション&ネゴシエーション”という授業があるので、受けようと思っています。せっかくなら4月に受ければ良かったですね。1月に入学してせっかく学びのサイクルが自分の中にできていたので。4月期は最終クォーターなので、仕事が忙しくなるだろうと思って、ちょっと日和っちゃったんですよね。

 

————クリティカルシンキングが面白かったから次もやろうと?

はい。受けて良かったと心の底から思っています。クリティカルシンキングでこれだけ大きな学びがあったから、ほかの講座でも大きな学びを得られるだろうと思っています。事前課題としてケースが与えられているので、そのイシューがどういうもので、どういう打ち手を取ればいいのかというレポートを書いていって、授業ではみなでディスカッションするという。

 

 

————課題にたいしてイシューを特定する、というサイクルは仕事と似ていますが、あえて授業を受ける必要性はどんなところに感じますか?

そうですね、会社でもやろうと思えばできると思う。でも難しいと思うのは、freeeってまだ過去の知見がそんなに蓄積していないから、分析に足るnが少ない。授業だと思考訓練のための具体例がたくさんあるので勉強になるなと。授業で学んだことをfreeeに持ち帰ってやってみようと思うけど、材料が少なすぎて検証できないことが多い。一方で、答えのある授業という世界の中で試行錯誤できるのが、グロービスのいいところだと思います。



出会えないはずの人と出会えたことが最大の財産

————このケース面白かったなというのはありますか?

ありますね。めっちゃ苦しめられた地獄のケース(笑)。メガネ屋さんを題材としたケースなんですけど、営業マネージャーがこういう使命を与えられましたという説明文があって、なぜこの年のこのエリアで売上成長高が低いのかについてグラフ等が与えられているので原因を特定して、どういう打ち手を取れば良いのか解決策を出すんですね。そもそもイシューに取り組む意義から考えていきます。会社としての意義、チームとしての意義、本人の意義とか、いろんな面からイシューを考えていくんですけど、グラフを読み解くのも難しいし、どういう論点から考えていくか、その論点をあぶり出すのも難しいし。みんなほぼ徹夜でやって授業に臨んでました。

講義の中でファイブフォースとか3C、4Pとか一般的な切り口を教わります。それを使いながら、論理の飛躍がない、相手に伝わる解決策が書けるか。インパクトとかコストパフォーマンスとか緊急度とか、いろんな側面から総合的に考えてどの順番で解決していくかを導きます。




————横のつながりは結構できましたか?

めっちゃできました。世代も業界業種職種もバラバラなんですけど。グロービスの授業はオンライン、オフラインあって、私はオフライン(通学)を受けました。授業自体は隔週なんですけど、週に1回は必ずオンラインの自主勉強会をやっていたし、きつい課題を一緒に乗り越えていくみたいな連帯感が生まれて仲良くなりましたね。刺激も受けたし。




————入る前後でギャップはありましたか?

良い意味でのギャップしかなかったです。授業自体は想像以上に学びがあって良かったと思うし、さらに普段出会わない人たちと出会えたことが財産ですね。最初は1科目だけと思っていましたが、クラスメイトが他の授業を取っているのを見て「私も受けたいな」と思うようになりました。20歳くらい上の女性が、「つっちー、学ぶんだったらいまのうちだよ!」と。50歳を過ぎると体力面でも家族面でもいろんな制約がかかるから、学ぶ意欲があるなら、いまのうちに学んだほうがいいよと。先輩世代のリアルな声が後押ししてくれているなと思います。



たった3ヶ月でも未来の自分を変える大きなきっかけに

————仕事との両立はどうしていましたか?

両立は本当につらかった!マジでつらかった!!「グロービスに行くけど、仕事には支障が出ないようにします」って言ってはいたんですが...。通っていた1月〜3月の自分の営業目標が前四半期よりも上がっていたし、後輩の数字も一緒に見ていかなくてはいけなかったので大変で。仕事に通学、週末には勉強会もあって、課題も2週間与えられているとはいえ、平日はほぼできないし、土日にこなせる量でもなく。睡眠時間を削ってやっていました。

それでも通う価値はあるなと感じます。




————通ってみて、働き方や仕事への思いが変わりましたか?

日常の業務では、ものの見方が変わりました。OKRミーティングならOKR一つひとつの見方が変わってきたかなと思います。議論を聞いていても、これは本来のイシューに沿った議論展開だろうか、いま議論すべきことなのかという姿勢で聞けるようになったし、そもそもこの問題設定で良いんだろうかと意識できるようになりました。

 


———— 業務外では?

もっといろんな職種にチャレンジしたい!クリティカルシンキングのような思考の基礎は他の職種でも生かせると思うので。freeeでの経歴はカスタマーサクセスを1年半、営業を1年半という感じですが、今後は事業企画やマーケティング、別のプロダクトを扱うというチャレンジもしてみたいです。




————ジェンダー研究はどうする予定ですか?

ジェンダーに関しては、別の方法で関わるのもありかなと。以前は研究者軸で関わりたいと思っていましたが、ビジネス軸もありだなと思い始めています。研究したかったことをビジネスの観点で関われるような業界がないか、調べています。もともと持っていた問題意識は変わらずにアプローチの仕方が変わってきたかなと感じます。授業でいろんなケースをみて、視野が広がったことが影響していると思います。




————では最後に、どんな人にグロービスを勧めますか?

社会人としてこれからどうやって行こうかなと悩んでいる人はぜひ行ってほしいです。内部環境的には自分にはこんな能力があるんだなと気づいて、次のステップに進むきっかけになると思うし、外部環境的には普段出会わない人たちと出会えるので新たな視野が広がると思います。グロービスではいま所属しているコミュニティでは得られないものが得られるので、まだやることが明確になっていない人は行くと良いきっかけづくりになるんじゃないかなと思います。




———— 2年制の大学院に行くのはハードルが高いけど、何かを学びたいという熱意のある人には、まずは単科でトライアルしてみる、お勧めだなと思いました。ありがとうございました!

コメントを残す

CAPTCHA


関連キーワード
おすすめの記事